--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.17 終わりのクロニクル イメージアルバム「GET SET」
参加させていただいた企画の公式サイトがオープンしたので、こちらでも告知!

[GET SET - TEAM LEVIATHAN CHRONICLE / 全竜交渉部隊戦闘記録]
http://www.voltagenation.com/ahead/

「終わりのクロニクル」という電撃文庫の作品の、架空のアニメサントラというコンセプトのCDです。
今年10月にリリースされるフルアルバム『AHEAD』リリースに先駆けて、OP曲とED曲を収録したマキシシングルとなります。
原作者である川上 稔さんが所属するTENKYさんとアスキー・メディアワークスさんによる監修。
Voltage of Imaginationさんより8月15日の夏コミから頒布開始!
とらのあなさんやメロンブックスさん、アニメイトさんといったショップでも同日より取り扱い開始されますので、遠方の方もぜひぜひ通販ご利用くださいましー。

こちらでOP曲となる「regalia」に作詞・ボーカルで参加しました!
先日の日記でちらりと触れた「激しい曲」というのはこのことなのでした。
最近歌った中ではダントツに難しい曲でした…!
そしてとてもとてもとてもカッコよいです。リミックス版もonoken君のお気に入りらしい。

「終わりのクロニクル」厚かったよ…面白かったよ!
全7巻と言いつつ7巻以外は全て上下もしくは上中下構成なので冊数が多く、しかも1冊あたりも結構厚い。7巻とか1000ページ超えですしね。ラノベ界の伝説ではないかと。
そのボリュームに怯まず読み始めれば、テンポよく進んでいく文章に乗ってあっという間に終クロの世界に入っていけます。
キャラクターの立たせ方というか作り方に特徴があって、キャラクターたち自身が物語を動かしている印象が強いです。だから先はなんとなくおぼろげに見えているけれど過程が気になる、読みたくなるというような。
最終巻の伏線の回収っぷり大好きです。
興味のある方はぜひ読んでみてください!

「regalia」は私とonoken君の感じた「終わりのクロニクル」を思い切りがつーんとぶつけてみたような曲なので、ぜひ皆さんも前のめりのかまえで聴いていただければと…!
ちなみに「regalia」という単語に意味はいろいろありますが、しいて言えば「正装」という意味合いがもっとも私の意図するところに近いです。

今日マスタリングでしたので(私は所用があって行けませんでしたが)、近日中に試聴もアップされるかと思います!

↓amazonでも買えるらしいです…が、発売は8月25日ですのでご注意を。
GET SET - TEAM LEVIATHAN CHRONICLE / 全竜交渉部隊戦闘記録 (終わりのクロニクル イメージサウンドトラック)GET SET - TEAM LEVIATHAN CHRONICLE / 全竜交渉部隊戦闘記録 (終わりのクロニクル イメージサウンドトラック)
(2008/08/25)
onoken;茶太;三澤秋;Rio

商品詳細を見る

↓こっちが原作
終わりのクロニクル1〈上〉   電撃文庫 AHEADシリーズ終わりのクロニクル1〈上〉 電撃文庫 AHEADシリーズ
(2003/06)
川上 稔

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。