--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.30 Ryo Ohnuki君のこと
去る2009年6月16日、ぬっきーことRyo Ohnuki君が亡くなりました。
「Stella Musica」にも曲を提供してくれた、私の尊敬するクリエイターの一人です。

書かないと、お知らせしないとと思いつつこんな時期になってしまいました。

ここ数日ぬっきーに関してつらつら書いていたんですが、うまくまとまりませんね。
というか「ぬっきーとわたし」みたいな文章に…。
かなりプライベートかつ整わない文章になってしまうこと、お許しください。






「私、あなたの曲が大好きなんです!大ファンなんです!」
というのが初対面のときの会話。

歪んだ音の先にある光景と温度がたまらなく好きで、すごい人だと憧れていました。
その時はまだまだ自分のアルバムを作るなんて考えたこともなかったけど、それでもいつかこの人の曲で歌えたらと思っていました。

念願かなって「Stella Musica」のために曲を書いてもらっている時、モチベーションが乱高下する彼を食事に連れ出してみたり(超が付く食いしん坊なのです)と色々して、完成した曲に無茶苦茶感動したのもたった7、8ヶ月前のこと。

そうして出来上がった「air」という曲。
Presenceで、予定にはなかったけど急遽ライブでやることになった6月14日。
ライブでどうやって歌えばいいのかなと思っていたのですが、彼がボーカルにリアルタイムでエフェクトをかけて、私から出た声がまるで別に作られた音のように空間に広がって、すごく新鮮な体験ができました。

ライブの途中抜け出しての打ち合わせで「20人くらいで合宿したいなー。音作り合宿!」とか「俺[regalia]のリミックス超作りたーい」といつもの笑顔で話して。
楽しかったね、またやろうねと手を振ってお別れして。



そしてその翌日深夜、彼はいなくなってしまいました。




あまりに突然で、正直今でも実感できているとは言いがたい。

未発表の曲もあるんだから起きてきなよ。
大好きな味卵たくさん作るよ。
おいしいお店、まだ連れて行ってないところいっぱいあるよ。
楽しそうにツマミをいじる姿が目に焼きついているよ。
あれがラストライブなんて信じられないよ。
しかも通夜中にPresenceでやった「air」の音源流れるしさ…涙止まらないじゃないの。

あのものすごく素敵な笑顔しか浮かばないよ。
ぬっきー、本当に今までありがとう。
スポンサーサイト
2009.07.27 LINEAR vol.33終了しました。
LINEAR vol.33無事終了いたしました。
ご来場くださった方々、ありがとうございました!

http://www.linear.nu/index.html

セットリストは以下。

【Fumiaki Kobayashi feat. Aki Misawa】
・I can feel / covered from Strawberry Switchblade
・untitled
・shootingstar / from “LINEAR COMPi 2007″ [LINEAR]

【三澤秋】
・regalia
・The Clear Blue Sky
・ユキハネ
・砂の城


フミアキさんとこで3曲、ソロで4曲の計7曲歌わせていただきました。あっという間でした…!

フミアキさんとこの「untitled」は今回のライブのために書き下ろされた新曲です。まだ名無し。
前日の深夜に歌詞が完成して、当日リハも1コーラスまでしかやらなかったので、フミアキさんですらフルサイズのボーカルを聴くのがライブ時初めてという、すごいスケジュールでした。
むちゃくちゃ緊張したのですが、でもちゃんとフミアキさんに納得してもらえる形になってよかった…。
近いうちに録音して、機会があればどこかのCDに収録されるかも?

実は、今回初めてフライヤーに単独で名前が載ったのが、すごーく感慨深かったというか。
これまでいろんなライブに出させていただいてきましたが、名前載ったことなかったのですな。
ソロの時間を組むことも含め、全てフミアキさんがご配慮くださったのでした。フミアキさん優しすぎる…!

つかささんとonoken君もわざわざ駆けつけてくれて、本当に嬉しかったです。
ほんとはぬっきーの「air」もやろうと思ったんですけどね(フミアキさんも私がリストに入れてくるかもとちらっと考えたらしい)。ちょっとまだ無理だったよぬっきー。

ほかの出演者の方々も、とてもとてもカッコよくて、聴いているのがすごく楽しかったです。
古代さんとKPLECRAFTさんのプレイがかっこよすぎでした。目が離せない。惚れる。

打ち上げも楽しかったしおいしかった。素敵なイベントでした。ありがとうございます!!
2009.07.25 Sound Online「NOSTALGIA」
Sound Online様の東方アレンジアルバム「NOSTALGIA」に参加しました。

NOSTALGIA

07. Cosmos Glide
10. Nostalgia
で作詞・ボーカル

03. Seek Your Mind(Vo.美里)
で作詞を担当しました。

今回、光栄にもまたタイトル曲を歌わせていただきました!ありがとうございます!
「Nostalgia」はしっとり、「Cosmos Glide」は激しく…とタイプの違う曲で、とても勉強になりました。
久しぶりの深崎さんのジャケット。楽曲と歌詞とイラストのイメージをお互いに確認しつつ進めることができたのが嬉し楽しかったです。

もう少ししたら試聴も公開されるかな?
よろしくお願いします!

特設ページはこちら
2009.07.22 レコーディングと「GO AHEAD」マスタリング
20日は録音→「GO AHEAD」のマスタリングでした。

午後から某赤さんの録り。
諸々あって赤さんがレコーディングブースに入ることになり、その光景を思わずみちるさんと激写しまくり。
だってレアすぎる!
「得体の知れない重圧を感じる場所だわ」と終始俯き気味な赤さんがかわいかったです。


その後、乃木坂のスタジオで「GO AHEAD」のマスタリング。
打ち込みの多かった「AHEAD」とは対照的に、今回は壮大なオーケストラが満載です。

21日にジャケット関連の入稿も完了し、長かったプロジェクトも、これで制作過程は全て終了となりました。
公式サイトで試聴も全曲公開されましたし、あとは発売日を待つのみ!
ぜひぜひ、「AHEAD」も合わせて通して聴いてみてくださいね。

「終わりのクロニクル」サウンド化企画最終章「GO AHEAD」
「GO AHEAD」公式サイト



あと、意外とご質問の多かった「[resona]のコーラスは何と歌っているのか?」なんですが、
VoIさんのブログでも記載されているのでここにも書いちゃおう。

「Told by angelic Alleluja, Sounding everywhere, both near and far.」

でございます。

「終わりのクロニクル」を愛読されている方ならばきっと見覚えがあるに違いない、作中で使われている「清しこの夜」の一節です。
2009.07.19 【告知】とうほうぬりえ2
よいこのとうほうぬりえ2

ギリギリ告知ですみません…まさかのイラストです。
ニジカノートさんの同人誌「とうほうぬりえ2」に参加いたしました。神奈子さまのイラストと文の漫画の2点提供です。
7/19開催の東方崇敬祭にて キ-24 「ニジカ」 で頒布。

文の漫画はなちさんの熱いリクエストにより執筆のはこびとなりました。
文ファンのみなさまには今から謝っておきます。ははは。
まさかまたあの絵柄を使う日が来るとは思いもよりませんでした。

ちなみに今回一番のダークホースはつかささんだと思います。

そんなわけで、よろしくどうぞ~

特設ページはこちら
2009.07.18 【告知】「GO AHEAD」予約受付開始
「終わりのクロニクル」サウンド化企画最終章「GO AHEAD」

大長編ライトノベル「終わりのクロニクル」サウンド化企画最終章「GO AHEAD」の予約が開始されています!

電撃屋
amazon
@tower.jp
・各同人ショップ様

予約、取扱い店舗の詳細等は「GO AHEAD」公式サイトをご覧下さいませ。

「GO AHEAD」公式サイトはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。